徳洲会体操クラブ リオオリンピックに向けて

東京西徳洲会病院 米田選手に学ぶストレッチ

2月11日、東京昭島市にある東京西徳洲会病院の別館、通称「こども館」6階の研修ホールで「ケガをしない体をつくろう~ストレッチとトレーニング教室」が催されました。講師は、徳洲会体操クラブの立花泰則監督と米田功選手、NATA(全米アスレチックトレーナー連盟)公認トレーナーで同クラブのトレーナーでもある山口貴久氏が務めました。
この催しには、近隣の小学校に通う低学年の児童さんからお年寄りまで、約100名の地元住民の方々が参加。スライドを用いた講演のほかに、実際に体を動かすストレッチやタオルを用いた体操などを体験しました。ストレッチ後に再び前屈運動を行った参加者の方は、自身の体が柔らかくなっていることに気付くと驚きの声を上げられていました。
米田選手は、ケガをしない柔軟性のある体づくりの大切さを語り、イベントは大好評のうちに終了しました。

ph_gallery39_1

スライドを使用して体づくりを説明

ph_gallery39_2

さあ、実際に体を動かします

ph_gallery39_3

米田選手が手本を見せながら、一緒に運動

ph_gallery39_4

質問に答える米田選手

ギャラリー

TEL ファンレターの宛先はこちら 〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原560-5
徳洲会スポーツセンターかまくら内「徳洲会体操クラブ」宛

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギャラリー


  • お問い合わせ
2018年2月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Copyright © 徳洲会体操クラブ All Rights Reserved.