徳洲会体操クラブ リオオリンピックに向けて

福岡徳洲会病院を訪問

北九州市総合体育館で開催された「全日本社会人体操選手権大会」後、4連覇を果たした徳洲会体操クラブの立花泰則監督を始め米田功、水鳥寿思、中瀬卓也、佐野友治、小川泰弘、藤田上総、速見佑斗、仲里隆太、桑原俊、田原直哉選手たちは、応援に駆け付けた福岡徳洲会病院をはじめ徳洲会グループの職員やその家族などとともに祝勝会へ移動。

翌日、徳洲会体操クラブの面々は福岡徳洲会病院を訪問し、小児科病棟や通所リハビリ、ER(救急総合診療部)、ICU(集中治療室)を見学。今回、肩の故障のため欠場していた米田選手は、「同院に搬送される多くの救急車を見て、あらためて医療の大切さを感じました。全日本選手権までには調整して、慢心することなく気を引き締めて次の目標に向かって頑張ります」と話した。

 

ギャラリー

TEL ファンレターの宛先はこちら 〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原560-5
徳洲会スポーツセンターかまくら内「徳洲会体操クラブ」宛

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギャラリー


  • お問い合わせ
2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright © 徳洲会体操クラブ All Rights Reserved.